オイシックスのビジネスモデルの特長

オイシックスの食材宅配ビジネスの特長と成功の秘密を探りました。

 

免責事項

当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用ください。また、著作権は放棄しておりません。

参考サイト

オイシックスの口コミ・・・オイシックスの食材宅配を調べてみるなら、こちらの口コミ意見も参考にしてみてはいかがでしょうか。

フレンドHP

食材宅配で1日350gの野菜を含む食事を摂るには

日本人が1日に食べる野菜の理想的な量は350gと言われていますが、若い世代の平均摂取量は1日250gで都会の独身世帯の場合は、この半分にも満たないようです。野菜不足は健康に悪いばかりか、肥満の原因にもなります。そして、食事の時の食べる順番も病気と肥満に関係していることが解ってきました。つまり、食事の最初に野菜を食べて次に肉や魚の主菜を食べて食事の後半にご飯やパンなどの炭水化物を食べる人と、食事の最初に肉や魚を食べてしまう人では身体に蓄積されるカロリーは前者の方が少ないのです。
つまり、昔からの日本の食事の基本である1汁2菜か1汁3菜が理想的な食事で、野菜から食べることで肥満も防ぐことになります。そして、1汁の中に野菜を入れて2菜の内に魚と肉と野菜の料理を心掛ければ、自然に1日350gの野菜を口にすることも難しことではありません。
従って、都会の忙しい独身男性ビジネスマンや独身女性オフィスレディが、どの様にしてこの様な1汁2菜か1汁3菜の食事を継続的に食べていくかが問題なのです。そして、それらの問題を解決してくれるのが食材宅配です。食材宅配は放射能や農薬や食品添加物の無い野菜や魚や肉などの食材を、自宅まで宅配してくれる便利なシステムです。そして、食材宅配を利用し易く継続し易い様々な工夫がシステム化されています。

Copyright© 2010 オイシックスのビジネスモデルの特長 All Rights Reserved.